• 導入事例

  • 1990年頃から都市銀行中心に、店内の複数の窓口にLED表示の番号表示機と番号呼出操作機が各窓口に1台とそれらに接続された番号カード発券機1台が在り、来所者は入店すると発券機から番号カードを発券し、その番号が呼出し音と表示機に番号表示されるまで、列を作らず楽な体勢で待機する専用受付順番待ちシステムが稼働。市役所、年金事務所、ハローワーク、電話局、病院などにも順次導入が拡大して行きました。当時のシステムは受付順番待ち用に開発された専用機を使用したシステムでありましたが、2009年頃には7インチ程の画面を持ち音声合成ソフトが動作するWindowsPC等も市販されていましたので、それら市販品を使用した場合システム価格が従来システムの何分の1程で実現可能になりました。当社の受付順番待ちシステムは、市販の機器を使用して開発しましたので、受付窓口が多いいハローワーク、年金事務所にはコスト削減が図れ、現状において最適なシステムと思っています。

  • ハローワーク向け受付順番待ちシステム 導入事例

  • ハローワーク向け受付順番待ちシステム 導入事例
  • ハローワーク向け受付順番待ちシステム 導入事例
  • SOLUTION

  • ・用向きにより受付窓口数が多く有り、数十個の窓口にも対応できるシステムです。

  • 市役所向け受付順番待ち窓口案内システム 導入事例

  • 市役所向け受付順番待ち窓口案内システム 導入事例
  • 市役所向け受付順番待ち窓口案内システム 導入事例
  • SOLUTION

  • ・市役所においても、専用の受付システムに比較し、市販の機器を使用した当社の受付順番待ちシステムは、コスト削減が図れると思います。

  • RPA (ロボテック・プロセス・オートメーション)を利用した小切手自動発行システム例

  • RPA (ロボテック・プロセス・オートメーション)を利用した小切手自動発行システム例
  • SOLUTION

  • ・従来、支払時間の関係で数人のデータ作成担当者が随時小切手データを作成し、小切手発行担当者がその都度小切手発行していた。
    ・RPAと連携するために、小切手発行システムは、処理メニュー、小切手データ入力、発行指示方法等を変更して適応させた。
    ・その結果小切手発行担当者は別の業務ができるようになり、省力化に貢献できた。